医療の向上に役立つ仕事|整体師の資格を取ろう|人々に頼られる存在になれる

整体師の資格を取ろう|人々に頼られる存在になれる

ドクター

医療の向上に役立つ仕事

女性

医師の激務をサポート

医師の本業は何かと言えば、これはもちろん検査や投薬、手術といった診療行為ということになります。ただ、医師の仕事全体を見ると、本業以外の部分、たとえば紹介状の作成や学会での発表といった付随的な業務が意外なほど多く、時には本業部分を圧迫することがあるという現状が見受けられます。近年になってマスメディアなどでもたびたび取り上げられる「医療の質の低下」は、こうした状況が影響しているという指摘もあります。そこで最近では、こういった付随業務を専従職員に任せることで医師の負担を軽くし、本来業務である診療に専念できるような環境を作る工夫が多くの医療機関において行われています。このような職種を、医師事務作業補助といいます。

資格取得でアピールを

医師事務作業補助の範囲は医療機関ごと、あるいは医師ごとに異なりますが、基本となるのは診断書や紹介状などの書類作成、電子カルテへの代行入力、症例登録などのその他の事務作業、行政への対応の4つです。その他、物品の整理や秘書業務などを含むこともあります。医師事務作業補助の仕事に就くのに特別な資格は必要はありません。ただしあらかじめ医学全般に関する知識があれば、仕事に慣れるのも早くなります。そのため、就職を目指す人は専門学校などで事前に学んでから求人に応募するのが一般的となっています。また、いくつかの業界団体が独自の検定試験を実施しており、そうした民間資格を取得すれば医師事務作業補助者にふさわしい知識を有していることの証しとなります。